phpMyAdminを利用したデータベースのエクスポート(バックアップ)に失敗する。

  • FAQ番号FAQ01769
  • 最終更新日2019/08/06 17:09:46

phpMyAdminでデータベースのエクスポートに失敗する場合は以下についてご確認ください。

  • PHPへの割り当てメモリが不足している
    エクスポートを実施したタイミングのerror_logに
    「PHP Fatal error: Allowed memory size of **** bytes exhausted (tried to allocate *** bytes)」
    という記録が表示されている場合は、PHPへの割り当てメモリを調整のうえエクスポート(バックアップ)をお試しください。
    《Zenlogic よくある質問 - 「memory_limit」の変更方法》

  • PHP7.1 で「phpMyAdmin 4.7系」を利用している
    PHP7.1で「phpMyAdmin 4.7.x」を利用している場合に正常動作しないケースを確認しております。
    簡単インストールで「phpMyAdmin 4.8.x」をインストールし、エクスポート(バックアップ)をお試しください。
    《Zenlogic サポートページ - phpMyAdmin の簡単インストール》

  • PHP5.3 を利用している
    PHP5.3の実装モジュール「APC(Alternative PHP Cache)」への(割当てメモリが超過)している可能性があります。
    最新バージョンのPHPへ切り替えていただく、またはAPCモジュールを無効にした状態でエクスポート(バックアップ)をお試しください。
    《Zenlogic よくある質問 - APCモジュールを無効にする方法》
     

上記をご確認いただいてもphpMyAdminでエラーが発生する場合は、
[カスタマーポータル] > コントロールパネル > データベース > 該当データベースの画面から、バックアップをお試しください。
《Zenlogic サポートページ - データベースのバックアップ》

 

注意

  • シリーズによってご利用可能なPHPのバージョンが異なります。
    《Zenlogic サポートページ - PHPのご利用にあたって》から、ご契約シリーズで利用可能なデータベースをご確認ください。
  • ご契約サーバー上で複数のデータベース機能が稼働していると、サーバーのリソースが不用意に消費されます。利用しないデータベースは、【停止(Off)】の状態にしていただく事をおすすめします。
    《Zenlogic サポートページ - データベースの操作》
  • [カスタマーポータル] > コントロールパネル > データベース > 該当データベース画面のバックアップ機能で保存されるデータは、同じバージョンのデータベースでご利用いただくことを前提としています。
    データベースのバージョンアップ時に本バックアップデータは利用しないでください。
    ※コントロールパネルのバックアップ機能で取得したデータを、データベースのバージョンアップなどに利用すると破損する可能性があります。データベースのバージョンアップ時は、phpMyAdmin等のデータベース管理ツールをご利用ください。
    ※破損したデータベースを弊社にて修復することはできません。あらかじめご注意ください。
FAQ01769,PHP
関連するFAQ