[旧サービスからの移行] phpMyAdminでMySQL5.0にアクセスしたい。

  • FAQ番号FAQ01740
  • 最終更新日2018/11/14 15:01:37

簡単インストールでご提供している「phpMyAdmin」は、MySQL 5.1 および 5.7 の管理を前提としていますが、設定ファイルを編集する事で「MySQL5.0.x」(※)の管理にご利用いただくことも可能です。

※ファーストサーバの旧レンタルサーバーサービスで MySQL5.0.x を使用されており、移行プログラムを用いてZenlogicへ移行いただいた場合のみ、MySQL5.0.x のご利用が可能です。

■事前確認
[カスタマーポータル] > コントロールパネル > WEB > PHP設定 より、現在利用しているPHPのバージョンをご確認ください。
《Zenlogic サポートページ - PHPのご利用にあたって》

利用しているPHPのバージョンが「5.3」の場合以下の手順にそって「phpMyAdmin」のインストールと設定変更を行ってください。
利用しているPHPのバージョンが「5.6」または「7.1」の場合本FAQでご案内する手順では、MySQL5.0.xに対応したphpMyAdminをインストールすることができません。
PHPのバージョンを「5.3」に変更いただく、または、手動でMySQL5.0.xに対応したphpMyAdminをインストールしてご利用ください。

 

■設定変更手順

  1. [カスタマーポータル] > コントロールパネル > データベース > MySQL 5.1 へアクセスし、【On】の状態へ変更します。
    《Zenlogic サポートページ - データベースの初期設定》
     
  2. [カスタマーポータル] > コントロールパネル > 簡単インストールへアクセスし、phpMyAdmin をインストールします。
    ※自動的に「phpMyAdmin 4.0.x」のインストールが選択されます。
    《Zenlogic サポートページ - phpMyAdmin の簡単インストール》
     
  3. [カスタマーポータル] > コントロールパネル > 旧サービス機能 > MySQL5.0.x  から「MySQL5.0.x」のポート番号を確認します。
  4. 2.でインストールしたphpMyAdmin のインストールディレクトリへ FTP接続にてアクセスし、設定ファイル内のポート番号を3.で確認したポート番号へ変更します。
    《Zenlogic サポートページ - データベース管理ツール ポート番号変更》
     
  5. 上記作業の完了後、2.でインストールした phpMyAdmin へアクセスしログインが可能かをご確認ください。
    《Zenlogic サポートページ - phpMyAdmin の簡単インストール》

 

FAQ01740,DB,DB
関連するFAQ