「ERRP」とは何ですか?

  • FAQ番号FAQ01799
  • 最終更新日2018/12/21 12:07:17

ERRP(Expired Registration Recovery Policy)とは、gTLDドメイン名の有効期限「約1ヶ月前」と「約1週間前」にRegistrant(登録者)へ更新案内等を行うことを、レジストラの義務とした制度です。

ファーストサーバではドメインレジストラとしてICANNポリシーに則り、Zenlogicで管理するgTLDドメイン名に対し、有効期限の約30日前に、Registrantのメールアドレスへ【有効期限ご確認のお願い】のメールを送信しています。

※Zenlogicで管理しているgTLDドメイン名は、有効期限月の1日に更新処理を行います(更新処理のタイミングで有効期限が1年後に延長されます)。そのため、「1週間前」の更新案内メールは送付しておりません。

ERRPの詳細については≪Expired Registration Recovery Policy(外部サイト)≫ をご参照ください。

注意

  • Registrant(登録者)メールアドレス宛てに送信した更新案内メールがエラーとなった場合は、「Registrant(登録者)情報の正確性確認」が実施されます。
    期日までに正確性確認が完了しなかった場合、ドメイン名が凍結されメールの送受信やWEBサイトの公開ができなくなくなります
    ドメイン名の登録者情報には、常に正しい情報をご登録ください。
    詳細は《Zenlogic サポートページ - 登録者情報の正確性確認について》をご確認ください。
FAQ01799,ERRP,gTLD
関連するFAQ