独自ドメイン名で暗号化通信を行いたい。(Zenlogicで取得された証明書を利用する場合)

  • FAQ番号FAQ01253
  • 最終更新日2018/08/07 13:16:33

ZenlogicでSSLサーバー証明書を取得しWEBの暗号化通信を行う場合の手順は、以下をご確認ください。

無料のDV証明書(標準設定)をご利用いただく場合は、下記FAQをご確認ください。
《Zenlogic よくある質問 - 独自ドメイン名で暗号化通信を行いたい。(「標準設定」を利用する場合)》


■設定手順

  1. [カスタマーポータル] > コントロールパネル > ドメイン設定 から、[ドメイン設定追加]ボタンをクリックし暗号化通信で利用するドメイン名の登録を行います。
    《Zenlogic サポートページ -ドメインの設定》
     

    ドメイン設定追加

    ドメイン名取得状況【Zenlogicで管理しているドメイン名/他社レジストラで管理しているドメイン名】より選択
    対象ドメイン名Zenlogicでご利用したいお客様ドメイン名を記入してください
    DNSゾーン【作成する/作成しない】より選択
    WEB機能【利用する】を選択
    ※「無料のDV証明書を取得・設定する(標準設定)」は選択しない
    メール機能【利用する/利用しない】より選択

    ※すでにドメイン名の登録が完了している場合は、この作業は不要です。
    ※暗号化通信を「http://www.独自ドメイン名/~」で行う場合は、「www.独自ドメイン名」を登録します。
     《Zenlogic よくある質問 - ホームページを「www.」があり/なしの両方で公開したい。》
     
  2. [カスタマーポータル] > コントロールパネル > WEB > WEBドメイン設定 > ドキュメントルート設定  からドキュメントルートを指定します。
    《Zenlogic サポートページ -ドキュメントルートの設定》

    ※1.で登録した独自ドメイン名のホームページデータを保存する、サーバー上のディレクトリを指定します。
     事前にFTPソフトで独自ドメイン名用のディレクトリを作成し、指定することも可能です。
    ※SSLの設定は後程行いますので、まずは【http】のドキュメントルートを設定してください。
     
  3. FTPでサーバーにアクセスし、2.で指定したディレクトリ内にホームページファイルをアップロードします。
    《Zenlogic サポートページ -スタートアップガイド :STEP4 ホームページを公開する》
     
  4. [カスタマーポータル] > 会員/契約管理 > サービスお申込み から、SSLサーバー証明書の申込みを行います。
    《Zenlogic サポートページ -SSLサーバー証明書関連》
     
  5. SSLサーバー証明書の申込みが完了したら、
    [カスタマーポータル] > コントロールパネル > WEB > WEBドメイン設定 から、暗号化通信を行うドメイン名の[証明書設定]ボタンをクリックし、【契約証明書設定】を選択して、取得が完了したSSLサーバー証明書をホスティングに設定します。
    《Zenlogic サポートページ -SSLサーバー証明書設定》

    ※自動的に【http】と同じディレクトリが、SSLのドキュメントルートとして設定されます。
     

注意

FAQ01253,常時SSL,常時SSL,SSL
関連するFAQ